スポンサードリンク

【ワンピース】 ネタバレ 829話 『ヴィンスモーク王』 【最新830話】

image


■"秘密の航路"を往く一向──!!


プリンの地図を元に進む一向。


展望台のナミが舵を取るチョッパーに声をかける。


ナミ「チョッパー、15度東にお願い」

チョッパー「了解!」


ペドロもナミと同じく展望台に上り、周囲を警戒しているがお菓子でできた民間の船以外に目立った動きはない様子。


ブルック「異常なしですか、ペドロさん」

ペドロ「ふむ、今のところはな」

「だが油断はできん」


ナミ「大丈夫よ、信用できそうなコだったじゃない」

ペドロ「…どうだろうな」

ブルック「ずいぶん用心深いんですねぇ・・」

ペドロ「騙し合いは世の常人の常」

「そもそもがあの娘は"敵"側の人間、疑ってかからぬ方が不思議だ」

ナミ「………」


チョッパー「そういえばナミ、さっきから目印も何もないのにどうやって進んでるんだ? あんな大雑把な地図で」

ブルック「そうですね、しかも地図には方角すら書いてませんでしたが・・」

ナミ「コレよ、コレ」

腕に付けた記録指針(ログポーズ)を見せるナミ。


ナミ曰く、地図の右下に描かれた丸い3つの穴はログポーズを表すとのこと。


ナミ「確かに地図は雑だけど、今のところどの島も目に見える距離にあるの」

「あとはこの地図通りの場所で指定された方角に向かうだけよ」

キャロット「どの島にも上陸しないんだよね?」

ナミ「そうね ペコムズに言われた通りに食糧を買い込んでて正解だったわ」

ルフィ「でもちょっとぐらい寄り道してったって・・・」

そう言いながら涎を拭うルフィ。

ブルック「この左に見えるのがジャム島でしょうか・・・なんだかイチゴジャムのいい香りが」

ますますよだれを垂らすルフィ「んまほ~~!! なあナミ!」

ナミ「ぜったい駄目」


言い出す前から却下されて不機嫌のルフィ。


チョッパー「でもこのまま敵が来ないなら、本当にどこにも上陸しないでたどり着けるよ」

ペドロ「順調すぎる…」

キャロット「?」


島々の距離が近いことから海流は安定しているらしく、航海は順調に進んでいく。
偵察船(タルト)に出会うこともなく、あっというまに折り返し地点へ。
だが逆に胸騒ぎを覚えるナミ。

何かが引っ掛かる・・・とプリンの言葉を反芻する。


『眉毛はぐるぐるだけど とっても優しくて紳士で!!』
『目はハートだけどお菓子作りにも詳しくて色々教えてくれた♡ 趣味も合うし男らしいし!!』
『足が黒いらしいけど強くて頼りになる......!!』

ハッと何かに気付くナミ。
サンジの手配書を思い出す。

ナミ「そんな…!!」


ナミ曰く、『プリンはサンジに会ったことがない』


目がハート→手配書のまま
黒足→通り名であって足は黒くない

なにより、

とっても優しくて紳士で→プリンみたいな美女の前じゃ絶対デレデレしてるはず
男らしいし→プリンみたいな美女の前じゃ絶対・・・・
強くて頼りになる→プリンみたいなry


引き返すかどうか悩む一向。

ルフィの「どうせビッグマムに用事があるんだ! ペコマムシがいないから案内する奴だっていねェ!! このまま一気に向かうぞ!!」


この発言で進路はそのままで決定。
続きを読む

【ハンターハンター】 ネタバレ 358話 『決断』 【最新359話】

レポーター
『現場はまるでテロ現場と見紛うほどの状況です!!』
『また、先ほど入った情報ですが選手の一人クロロ・ルシルフル氏は広域指名手配されている幻影旅団の一員であるという情報も入っており、これから警察では事情聴取に入ると──』


テレビにくぎ付けのクラピカ。


ミザイ「やけに熱心だな」

いつの間にか隣にいたミザイストムが声をかける。

クラピカ「いたのか」

ミザイ「すまない」

「ノックもしたし電話も入れたが・・・急を要する問題があってな」


そこでテーブルに置いていた携帯がピカピカ光っていることに気付くクラピカ。


クラピカ「何だ?」

ミザイ「カキンの王子が募集した護衛に、ハンター試験で篩い落とした人間が多数紛れ込んでいるらしい」

クラピカ「当然だろうな 正規の手段で入船する方法は限られている」

ミザイ「そこで王子の数人からハンター協会に要請が来た」

クラピカ「!」

ミザイ「王子の護衛として採用するリストを提示する代わりに、試験で不採用になった理由を教えられる範囲で知りたいとのことだ」

「チードルにも相談したが、ハンター協会としては一人でも多く乗船する人間の素性を把握しておきたいということから、この要請に前向きだ」

クラピカ「成程」

「だが一次試験は嘘発見器とサーモグラフィーを理由にできるが、二次試験の選考過程についてはどう説明するつもりだ?」

ミザイ「二次の選考方法は私とチードル、そして君しか知る者はいない」

「一次選考はあくまでもメンタルテストで、二次選考で嘘発見器とサーモグラフィーを使ったと説明する予定だ」

「協会で開発中の新型機器を使用したということにしようかと」

考えるクラピカ「…分かった」

「リストは手元にあるのか?」


書類を取り出すミザイ「ここに」
続きを読む

【ワンピース】 ネタバレ 829話 『ヴィンスモークの帝国』 【最新830話】

扉絵:世界の甲板から 5億の男編 Vol.20 スカイピアの面々


場面は世界会議”予備室”

一足先にマリージョアについた王族が交流を深めるための部屋
氷のひげを生やした王様や目がギョロッとした王様などが牽制しあっている
そこにヴィンスモーク家家長ジェルマ・ヴィンスモークが入ってくる
真っ黒のアーマーを着込んでいてマスクで顔も隠していた

それに一人の王が失礼だと噛みつくが他の王にたしなめられる
ヴィンスモーク家の家長は訳あって代々この姿らしい
名前も襲名式で「ジェルマ」の名を冠する
ジェルマはお茶会の為に一日だけ席を外すことを謝りにきた


場面かわってルフィ
プリンに教えられて航路を進むサニー号
敵の姿が無いことに安心するチョッパー

そこに突然の砂糖嵐が吹く
嵐はすぐに収まったが続いてクリーム雨がふりルフィたちが喜んでそれを食べる

ナミが違和感を唱えるが新世界の気候では普通だと窘められる
そしていつのまにかクリーム雨が止み熱風が吹き始める

続きを読む

【ハンターハンター】 ネタバレ357話 『残念②』 【最新358話】

ハンターハンター ネタバレ 最新  357話

■惨事…

天空闘技場の外に多数の救急隊やTVクルーが集まっている


『ただ今私は大規模爆発が起こった天空闘技場から数百m離れた地点にいます!!』
『おびただしい数の消防車や救急車が現場付近を埋めつくし周囲はさながら戦場の様です!!』
『爆発当時は会員のみが観覧・視聴可能なフロアマスター戦が行われていました!!』
『戦闘中の選手が爆弾を使用したと思われ!!』
『現在救出活動と並行して調査が行われている模様です!!』
『この試合で対戦相手であるヒソカ選手を含め多数の死者が出た様ですが!!』
『詳しい報告にはまだ時間がかかりそうです!!』


どこかのホテルの一室?

ヒソカの死体を囲むマチ・シャルナーク・コルトピ
ヒソカは自らの胸を抱きしめる姿勢で横たわっている

マチ「思ったより損傷してないんだね」

シャルナーク「爆破役の人形が近づく前に壊す命令を受けてた200体の人形が群がって緩衝材の役目を果たしちゃったみたいだね」
「死因は肉の壁と爆発で酸欠になっての窒息みたいだ」


引き上げようとするシャルナークとコルトピ


コルトピ「? 戻らないのマチ」

シャルナーク「もう十分確認したでしょ」

マチ「…前金もらっちゃってたからね…少しコイツ縫ってから行くよ」

コルトピ(団長と闘うのにそんなのマチがもらうわけないじゃん?)

シャルナーク(まぁマチはなんだかんだいって優しいからね…)


シャルナーク「じゃあ先行ってるよ」

マチ「ん…」


マチ(首周りの痛みがやっぱり激しいね)

「顔もキレイにしといてやるよ」

「団長の除念ありがと」


マチが念糸縫合を始めようとした瞬間、ヒソカの体がオーラで包まれる

マチ(オーラ!? 馬鹿な…!!)

(ヒソカは確実に死んでる!! 死んだ後に…)

(死後に……強まる念…!!?)


なぜかヒソカの体内で急に心臓マッサージが始まっていく。


【回想】


ギュルっと丸まっていくヒソカ(どうせ死ぬなら…試してみるか…♥)

(念(ゴム)よ…!!!)

(ボクが死んだ後よみがえり!!!)

(心臓と!! 肺を!!!)

(伸縮(愛撫)せよ!!!)


【回想終了】
続きを読む

【ブリーチ】 ネタバレ 676話 『Horn of Salvation』 【最新677話】


ブリーチ ネタバレ最新 (2)

ネオ一護へと変貌を遂げた一護。
その頭からはツノが生えていた。

思わず目を見開く織姫。

ウルキオラと戦った際、暴走した一護の姿を思い出す。
同じような角が今の一護にも生えていた。


織姫「………黒崎……くん…」


■ユーハバッハに対し防戦一方の一護が──!?


一護「おう」


ブリーチ ネタバレ最新



いつもの調子で答える一護。
どうやら角は片方にしか生えてない模様。


一護「大丈夫だ井上」

「"俺"のままだ」


再び暴走した一護の姿を思い出し、安堵の色を見せる織姫。


続きを読む
スポンサードリンク
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ